MENU

ハンドボール ポストプレーヤーの動き方

ハンドボールポストプレーヤー育成プログラム公式サイトキャプチャ

 

ハンドボールポストプレーヤー育成プログラム公式サイト誘導ボタン

 

ハンドボールで上手いポストプレーヤーになる方法

ハンドボールのポストプレーヤーは、とても重要なポジションです。

 

そしてハンドボールの強いチームには、必ずといっていいほど素晴らしいポストプレーヤーが存在しています

 

チェック 優れたポストプレーヤーなくして強いチームは作れない

 

それほどポストプレーヤーは重要であり、必ず育て上げなければならないチームの要ともいえるポジションです。

 

ハンドボール ポストプレーヤーのオフェンス中の動き方

ポストプレーヤーは、ハンドボールの攻撃(オフェンス)中に

 

チェック ディフェンダーをブロックする

 

チェック バックプレーヤーのパスを受ける

 

チェック フェイントをかけてバックプレーヤーにパスを返す

 

チェック 空走りでディフェンダーをかく乱する

 

というさまざまな動きを機敏にこなすだけでなく、これらを攻撃中に瞬時に状況判断して動かなければならないのです。

 

なおポストプレーヤーは、バックプレーヤーのようなパワフルなプレイは必要とされません。

 

ですがかなり戦略的、そしてコンビネーションプレーなどの頭脳的な動きを求められるポジションです。

 

そしてそれらのプレイをするための基礎体力も同時に要求されます。

 

ハンドボール ポストプレーヤーの才能は誰にでもある

ハンドボールの中でも戦略的・頭脳的プレイを求められるポストプレーヤーは、

 

チェック 正しいポストプレーヤーの知識を学ぶ

 

チェック 実績のある正しいトレーニング方法を学ぶ

 

チェック 毎日の実践

 

これでどんな選手でも優れたポストプレーヤーに成長します。

 

ポストシュートの成功率が確実にアップするようなポストプレーヤーになるのです。

 

ハンドボールのポストプレイは、たとえ初心者であっても指導方法いかんで攻撃と守備で貢献度の高い有能なポストプレーヤーになります

 

そんなポストプレーヤーの能力アップ、とりわけポストシュートの精度をアップさせるためには、正しい指導法を知っておかなければなりません。

 

ハンドボール ポストプレーヤーでフィジカル的な要素よりも求められるモノ

ハンドボールにおいて体幹を鍛えることはとても重要です。

 

ですがフィジカルだけが優れていても、優秀なポストプレーヤーになるとは限りません。

 

優れたポストプレーヤーに必要なのはフィジカルもさることながら、正しい知識やプレイ戦術です

 

ハードな練習ばかりをさせたとしても、実になることはほぼありません。

 

間違ったトレーニングや練習は、貴重な時間を無駄遣いするだけです。

 

このような部分をきちんと論理的に、わかりやすく指導できるかできないかで、ポストプレーヤーの技量は大きく変わってきますし、ひいては将来の可能性まで方向づけられるのです。

 

ハンドボール ポストプレーヤー初心者の指導方法

ハンドボールのポストプレーヤーはそんな重要なポジションがポストですから、ハンドボール初心者にポストプレイを指導して一流のポストプレーヤーに仕立てるためには、指導する側にも相応のスキルが必要になります。

 

ただこのハンドボールのポストプレーヤーの指導、これがまた難しいのです。

 

指導経験が豊富であれば良いのですが、今までのハンドボール競技経験だけを頼りに、言い聞かせながら実践指導したとしても、その熱意が伝わらないことも多いのです。

 

その理由は

 

選手が頭のなかで完全に理解できず、カラダをどう動かせばよいかまでイメージできないから

 

つまり指導を受ける側が指導内容を頭の中でイメージ化できないため、消化不良になってしまうということです。

 

なのでハンドボール初心者に指導を繰り返しても、

 

ポストプレーヤーとしての“位置取り”はできるようになってきても、いざシュートを打とうとするとワンパターンなコースしか打てない選手

 

になってしまいます。

 

どのようにしてハンドボール技術を学び教えるべきか

本から学ぶ

市販されているハンドボールスキルアップ本などで指導法を学ぶ方法です。


本はあくまでも個人学習の域であり、効果的に技術習得ができるかというと疑問が残ります。

本は勉強にはなるけど、テクニック習得まではできない

というのが本音ではないかと思います。

指導者研修会などに参加して指導法を学ぶ

日本ハンドボール協会が主催する「U-12指導者研修会」などに参加して、ハンドボールの指導法を学ぶ方法です。
場所は東京にある『味の素ナショナルトレーニングセンター』で1泊2日で行われます。

  • レフェリー資格とジュニア期におけるルール指導
  • 小中学生のジュニア一貫指導

研修会会費は5000円ですが、宿泊費・交通費などはすべて自腹になります。
開催回数も少ないので、日程調整が必要になります。

強豪社会人チームのハンドボール講習会に参加する

大同特殊鋼フェニックスなどの強豪社会人ハンドボールチームの講習会に参加する方法です。
日本のトッププレーヤーの技術を直接学ぶことができる講習会ですが、

  • 講習会の時間や開催場所が限られている
  • 年に1〜2回しか開催されない

ことを考えると、効率的なスキルアップ法とはいえません。

 

このように

 

実はハンドボールを学ぶ機会というのはとても少ないのです

 

更には元全日本代表選手級の名プレーヤーからハンドボールテクニックに関する教えをうける機会というのは、ほぼ皆無です。

 

ですが元ハンドボール全日本代表キャプテンで、自らトップポストプレーヤーだった東俊介さん曰く、

 

優秀なポストプレーヤーを育成するのにはコツがある

 

トップアスリートにしかわからないトレーニング法や育成法の秘訣があるそうです。

 

チェック 今まで個人でハンドボール競技をしてきただけで指導経験は少ない

 

チェック 地方都市に住んでいるので一流ハンドボールプレーヤーとの接点がない

 

チェック 読むだけでなく視覚で理解できるハンドボール指導法が知りたい

 

という方に参考となることでしょう。

 

元ハンドボール全日本代表選手のポストプレーヤーのコーチング手法なんて、滅多に見るチャンスはありません。

 

そのような講習会に参加する機会があったとしても、講義内容をメモ取るだけで精一杯になります。

 

その点DVDなら何度でも納得できるまで見返すことができますし、選手に直接見せて指導することもできます。

 

ハンドボールポストプレーヤー育成プログラム

 

>ハンドボール・ポストプレーヤー育成プログラム<

 

 

このページの先頭へ